Asset Makingは 「お金に換えられる資産づくり」 をご提案、ご提供するサイトです。

「お金に換えられる資産づくり」とは一般的な印象にある「お金(Money)を動かすこと」に限定したものとは少々違いがございます。

そんな一般的な固定概念を持ちつつ、お金を動かすことも含めて皆様一人一人にマッチした新しい資産づくりをアドバイス。

働き方の多様性に対応して、どんな働き方をされている方にも資産づくりいただけるようにお手伝いさせていただきます。

Asset Making代表

【一般利用水素関連】ヘルスケア編『細胞の基礎』

はじめに

当方は「一般社団法人健康美増進協会 水素セラピストを取得した中の最高峰となるマスターセラピスト」を取得しております。
当協会を代表して一般利用の水素を広めている一人です。
『一般社団法人健康美増進協会』については下のリンクからご確認ください。

ホーム | 一般社団法人健康美増進協会
ホーム | 一般社団法人健康美増進協会

www.hbps.or.jp

一般利用の水素は、個人や法人の方々に個別や団体ともにご対応、ご説明させていただいております。
個人・法人それぞれの水素の利用目的は下のようなことを当方ではお聴きしております。

個人の方の利用目的

  • 便通の改善
  • 冷え性の改善
  • 質の良い睡眠
  • 痴呆症、アルツハイマーや糖尿、がん、動脈硬化などの病気の予防または改善・緩和

個人の方の利用目的をご紹介させていただいておりますので拡大解釈し過ぎないようにご注意ください。

法人の方の利用目的

  • 老人ホームや訪問介護、デイサービスでの身体機能の低下予防または改善・緩和
  • 整骨院や接骨院、整体院、個人で活動されているマッサージ師が提供する施術の相乗効果アップ
  • エステサロンや美容院、個人で活動されているエステティシャンの方が健康から美容を作り出すためのツール

経営者や店舗運営者の利用目的をご紹介させていただいておりますので拡大解釈し過ぎないようにご注意ください。

一般利用の水素に関するご説明のお申し込みは下のボタンをクリックしてください

一般利用の水素に関するご説明のお申し込みはこちら

※ボタンをクリック後、お申し込みフォームの画面に遷移します。

よく水素をご説明させていただいた際には、1回だけ話を聴いただけでは覚えられない、時間が経つと忘れるなどのご意見をいただきます。
そんな方からは、「もう一度説明していただきたい」「振り返りができるように情報がほしい」とご要望いただくことが多いです。
ご要望にお応えするために、再度ご説明はご対応させていただいております。
振り返りに関しては、当方が習得した人間の身体の知識や水素が与える身体への良い影響となるためどのように提供するか悩みました。
ただ、試行錯誤した結果ですが、メールマガジンは正直「たくさんメールきて嫌だなぁ」と私自身も感じます。
何が良いかを考えた末、一般利用の水素を広めていく一環として水素のご説明をする際にお話しする内容をAsset Makingホームページ内で情報提供させていただくことにしました。
本内容を1つずつ習得していただければ、あなたも一般社団法人健康美増進協会の水素セラピストになることができます。
ぜひ、ご活用ください。

この度のテーマは『細胞の基礎』です。

 

ではここから本題に入りましょう。

細胞とは

私たちの体は、体重1kgあたり約1兆個とされる膨大な数の細胞から出来ています。
人体を形作っている細胞は約200種類におよぶと言われ、それぞれ形も大きさも寿命も様々です。
大きさはいずれも非常に小さく、最も大きな細胞である受精卵でさえ、小さくて肉眼で見ることはできません。
1つの細胞は、それぞれが独自の機能を持つさらに小さな部品が集まって構成されています。

細胞の基本

細胞は、そのひとつひとつが細胞膜という膜で包まれています。
この膜の中には受容体(レセプター)と呼ばれる、細胞外からやってくる様々な物質や刺激を識別する機構が備わっています。
この受容体が反応したものだけを選択的に細胞内外へ出入りさせることで、細胞の機能を変化させたり、調節したりしています。
細胞質は細胞膜の内側のうち、核以外の部分の総称で、ミトコンドリアなど、エネルギーの消費や交換を行う重要な構造物を含みます。
核は、細胞の遺伝子物質が含まれ、細胞の分裂や増殖を調節する役割を担っています。
ミトコンドリアは、細胞質に存在する小さな構造物で、エネルギーを生成して細胞に供給します。

ミトコンドリアの働き

細胞の中のミトコンドリアは、私たちの活動に必要なエネルギーを生み出すのに重要な役割を果たしています。
主な働きは私たちが摂取した食物から取り出した栄養素を、体内で利用することのできるATPというエネルギーの元に変換することです。
ミトコンドリアは、1つの細胞につき100個から2000個程度含まれるといわれ、細胞のアポトーシスにも重要な役割を果たしています。
ミトコンドリアがブドウ糖などの栄養素をATPに変換する際、呼吸によって取り込まれた酸素が使われます。
その酸素の内1〜2%が活性酸素という非常に不安定な物質に変わると言われています。

細胞の種類

体を構成する細胞には多くの種類があり、それぞれの細胞は、その役割によって独自の機能を持っています。
例えば、次のような種類の細胞があります。

細胞の種類

  • 血球
  • 肝細胞
  • 骨細胞
  • 筋細胞
  • 神経細胞
  • 脂肪細胞
  • 卵子
  • 精子

細胞には、血球のように、血液中を自由に移動して互いに結合しないものもあれば、筋細胞のように、互いにしっかり結合しているものもあります。
また、皮膚細胞のように短い期間で分裂と再生を行う細胞もあれば、神経細胞のように基本的には分裂も再生も行わない細胞もあります。
細胞の機能も種類によって様々です。
線細胞は、ホルモンや酵素などの物質を作り出す役割をします。
筋細胞は、収縮をすることによって筋肉の働きを担います。
脳の神経細胞は、電気信号の発生と伝道を行うことで、脳と脊髄にある中枢神経系と、それ以外の部位との情報伝達を担っています。

細胞の種類の一例

  • 白血球
  • 赤血球
  • 肝細胞
  • 骨細胞
  • 脊髄前角の神経細胞
  • 卵子
  • 精子
  • 脂肪細胞
  • 平滑筋細胞

細胞の分裂・再生

私たちの細胞は、「再生するもの」と「再生しないもの」に分けられます。
一部の神経細胞や心筋細胞などは、発生・成長の初期に増殖した後は一生の間、分裂しないため、「再生しない」細胞ということができます。
言い換えればそれ以外の細胞は通常、分裂を繰り返すことで、日々生まれ変わっているということができます。
その中でも特に再生が盛んな細胞が皮膚細胞で、20代の場合、約28日周期で生まれ変っています。
こうした細胞の再生周期は年齢によって異なり、40代では約55日周期、60代では約100日周期と、高齢になればなるほど再生の周期は遅くなります。
他にも、腸管上皮や精子、造血細胞なども再生が盛んな細胞として知られています。
中でも造血細胞は骨髄の中で盛んに細胞分裂を行い、赤血球・白血球・血小板の3種の血球を作りだす重要な役割を果たしています。

細胞の死滅

細胞の老化は、それぞれの器官における機能の低下をもたらします。
私たちの体の正常な機能として、古い細胞は最終的に死滅するようにプログラムされています。
このプログラム死はアポトーシスと呼ばれ、いわば細胞の自殺です。
細胞の老化は、このアポトーシスの一つの原因になります。
新しい細胞に場所を空けるために、古い細胞は死滅する必要があります。
また、細胞の過剰な増加や、細胞の損傷などによって細胞死が引き起こされることもあります。
死んだ細胞は、垢などによって体外に排出されたり、マクロファージといった免疫細胞に捕食されることで処理されます。

細胞の寿命

古い細胞が死ぬ理由の一つは、細胞は限られた回数しか分裂できないからです。
このことが、生物に寿命が存在し、私たちが永遠には生きれられない原因の一つでもあります。
こうした細胞分裂を制御する仕組みとして、テロメアという構造が関与しています。
テロメアは私たちのDNAの両端にある構造物で、細胞分裂するたびに少しずつ短くなります。
最終的に、テロメアがごく短くなり、細胞はそれ以上分裂できなくなります。
分裂できなくなった細胞は膨張し、しばらくして死を迎えます。
細胞が損傷を受けることにより、細胞死が引き起こされることもあります。
損傷を受ける要因としては放射能、日光、化学療法薬などの有害物質が挙げられます。
また、ミトコンドリアがATPを生産する際の副産物である、活性酸素も細胞を損傷させる大きな要因です。
活性酸素がもたらす酸化ストレスは、様々な疾患の原因となっていることが近年分かってきています。
さらに近年注目されているのは、細胞を傷つける慢性的な炎症の存在です。
炎症は免疫系がもたらす生体の防御反応なのですが、血液やリンパの流れなどが悪く、死んだ細胞などの老廃物が体内に貯まると、慢性的な炎症が起こり、周囲の細胞までも巻き込んで傷つけてしまうことが分かっています。
こうした様々な要因で細胞核のDNAが傷つけられると、異常な細胞の増殖や、様々な疾患の原因となります。

活性酸素と酸化ストレス

  • 紫外線
  • 大気汚染
  • 激しい運動
  • 加齢
  • 喫煙
  • 精神的ストレス

まとめ

細胞の基礎に関するまとめをしましょう。
簡単に箇条書きでまとめると下のようになります。

  • 細胞は体重1kgあたり約1兆個
  • 細胞の種類は約200種類
  • 細胞は一番細胞で大きい受精卵でさえ肉眼で見えないくらい小さい
  • 細胞はそれぞれが独自の機能を持つさらに小さな部品が集まって構成されている
  • 細胞は細胞膜で包まれていて受容体(レセプター)が細胞内外に出入りするものを識別して細胞の機能を変化、調節している
  • 細胞質は細胞膜の内側のうち、核以外の部分の総称、ミトコンドリアなど、エネルギーの消費や交換を行う需要な構造物を含む
  • 核は、細胞の遺伝子物質が含まれ、細胞の分裂や増殖を調節する役割を担っている
  • ミトコンドリアは、細胞質に存在する小さな構造物で、エネルギーを生成して細胞に供給
  • ミトコンドリアはATPというエネルギーの元に変換する器官
  • ATPに変換する際にブドウ糖などの栄養素と呼吸で取り込んだ酸素を利用
  • 利用した酸素の内1〜2%が活性酸素という非常に不安定な物質に変化
  • 1つの細胞につきミトコンドリアは100〜2,000個程度含まれると言われる
  •  細胞の種類には、細胞同士が結合するものとしないもの、期間によって再生を繰り返すもの、分裂しないものなどがある
  • 細胞同士が結合しないものには血球がある
  • 細胞同士が結合するものには筋細胞がある
  • 期間によって再生を繰り返すのは皮膚細胞がある
  • 分裂しないものには神経細胞がある
  • 細胞は機能も様々あり、ホルモンや酵素などの物質を作り出すのが線細胞
  • 筋肉を収縮することで筋力を生み出す働きをするのは筋細胞
  • 電気信号の発生と伝導を行なって情報伝達するのが神経細胞
  • 細胞は「再生するもの」「再生しないもの」に分けられる
  • 一部の神経細胞や心筋細胞などは、発生・成長期の初期に増殖した後は一生の間分裂はしない ため「再生しない」細胞と言える
  • 皮膚細胞は「再生する」細胞と言える
  • 皮膚細胞の再生は、10代で20日、20代で28日、30代で40日、40代で55日、50代で75日、60代で100日の周期で生まれ変わる
  • 腸管上皮や精子、造血細胞も「再生する」細胞と言える
  • 造血細胞は骨髄の中で細胞分裂を行い、赤血球・白血球・血小板の3種類の血球を作り出す重要な役割を果たす
  • 細胞は古い細胞から死滅していくプログラムがありアポトーシスと呼ばれる
  • 細胞の老化はアポトーシスの原因の一つになる
  • 細胞の死滅は細胞の損傷から引き起こされることもある
  • 死んだ細胞は垢などで体外に排出されたり、マクロファージといった免疫細胞に捕食されることで処理される 
  • 細胞は限られた回数しか分裂できない
  • 細胞分裂はDNAの両端にあるテロメアの長さだけ分裂することができる
  • テロメアがごく短くなったとき、分裂できなくなった細胞は膨張し、しばらくして死を迎える
  • 細胞は放射能、日光、化学療法薬、酸化ストレスによる活性酸素で損傷しても細胞死が引き起こることもある
  • 近年は細胞を傷つける慢性的な炎症が注目されている
  • 慢性的な炎症は免疫系がもたらす生体の防御反応が原因
  • 血液やリンパの流れが悪く、死んだ細胞などの老廃物が体内に貯まることで周囲の細胞までも巻き込んで傷つけてしまうことが慢性的な炎症につながる
  • 細胞核のDNAが傷つけられると異常な細胞の増殖や様々な疾患の原因になる

細胞の基礎に関連する他の情報もございます。

関連情報

【一般利用水素関連】ヘルスケア編『免疫細胞の働き』

はじめに 当方は「一般社団法人健康美増進協会 水素セラピストを取得した中の最高峰となるマスターセラピスト」を取得しております。当協会を代表して一般利用の水素を広めている一人です。『一般社団法人健康美増 ...

続きを見る

© 2022 Copyright Asset Making. All Rights Reserved.