Asset Makingは 「お金に換えられる資産づくり」 をご提案、ご提供するサイトです。

「お金に換えられる資産づくり」とは一般的な印象にある「お金(Money)を動かすこと」に限定したものとは少々違いがございます。

そんな一般的な固定概念を持ちつつ、お金を動かすことも含めて皆様一人一人にマッチした新しい資産づくりをアドバイス。

働き方の多様性に対応して、どんな働き方をされている方にも資産づくりいただけるようにお手伝いさせていただきます。

Asset Making代表

水素とは

当方では「お金に換金できる資産づくり」をテーマにビジネスを展開しておりますが、
「お金に換金できる資産づくり」をしていく代表的なことは
「健康・美容」ではないでしょうか?
男性・女性ともに共通して言えることは、健康であれば労働することができますし
事業を発信していくにも自分が動ける状態を作っておくことが
いち早く世の中に事業を発信できることにつながります。
そして、健康であれば、美容にもつながり、現代では性別問わずに美容を意識する
時代に突入しているためセットで展開することが相乗効果を狙えます。
日本で今後大きな市場に発展していくことが濃厚なのは間違いなく【水素】です。
当方が推奨、ご提案するビジネスは、安価な投資額であることを基本としています。
仮に失敗しても人生を揺るがすような影響が少なければ、次の挑戦がしやすいです。
そして、事業はこれから発展していくようなものや安定した市場を築いているビジネス
であることが重要だと考えております。
当方が目指すビジネスは「スモールビジネスからのビッグビジネスへの移行」です。

ではここからは【水素】に関して少し知っていただき
健康・美容に関してのつながりをご説明したいと思います。


水素とは、宇宙で最初にできた元素と言われ、宇宙で一番小さな物質、
2000年代後半までは人体には全く影響を与えない気体と言われてきました。
ただそんな水素は、資源のない国、日本では、自国だけで足りる量を
採取することができない石油やガスに代わるエネルギー資源として
期待を寄せて抱き、国と民間大学・企業が協力して研究を行い、
実用化を推進しています。
そんなエネルギーとしての水素は、2021年に開催された東京オリンピック2020・
パラリンピック2020にて水素自動車で大会をサポートし、世界中に
「水素が石油やガスに代わるクリーンなエネルギーとしての可能性を知らしめた状態」
になっていると言えます。
日本が国としてこれから水素を推進することは揺るぎない方針であると発信され、
日本国民には身近な生活のエネルギー資源として電気、ガス、石油に加え、
もう一つ新しいエネルギー【水素】が加わることは、ごく近い将来に訪れます。

そんな水素は、エネルギーの分野だけではなく、医療でも人間の身体の治療として
2016年から水素ガスの吸入が国から「先進医療B」に認定され、
水素研究の第一人者が在籍されている慶應義塾大学病院を中心とした
全国的な臨床試験が加速しています。

当方では、医療用で利用されている人体に無害な水素を一般利用化し、
人間の身体で作られ、老化の原因の有力説となっている活性酸素を除去することが
研究結果で発表されているこの水素を
withコロナ、afterコロナと言われる時代のニューノーマルな日常生活に活用する
ことにより、水素が私たちの生活により身近になると考えています。

当方がご提供する事業は、エステや理美容室、ネイルなどのサロン店、
整体院や整骨院のような治療院、健康美な肉体作りをするスポーツジムにて
水素を吸入やサプリメントでご提供いただくこと、ご愛用の方々には個人販売も行い、
水素を日常生活に摂り入れていただくことをコツコツ広めていくことを目的としています。

近年は消費傾向が変化しているため、これまでと同じ施術メニューだけでは
新規顧客を集客できない現状があります。
そして、既存顧客に関しては、情報の流通速度が速まっている時代になり
新しいことを試したい客層が増え、顧客維持に苦戦している店舗・企業様が増えております。
当方は現状の改善や発展をさせるためにも貴店・貴社様の品質の良いサービスに
プラスアルファとして水素をご活用いただくことをご提案しております。
健康美に関わる専門家でもビジネスチャンスをきちんと掴まなければ
衰退していくことは経営者なら誰でも知っているはずです。
当方の水素関連事業を摂り入れ、一緒に共存共栄の精神とスモールビジネスの強みを
生かしたビジネスで新しい時代を作り上げませんか?

オーナー様や企業のご担当者様、個人の方でも一般利用化の水素に関して
お問い合わせは下のボタンから行えますのでご連絡をお待ちしております。

水素に関するお問い合わせはこちら

こちらのボタンをクリック

※当方は水素の一般利用化を推進しているため、売り込みは一切いたしません。
情報収集の一つとしてお気軽にお問い合わせください。

© 2022 Copyright Asset Making. All Rights Reserved.